新築注文住宅の電気契約。そのバタバタ顛末

内で注文住宅を建てました。

いざ引越しに向けて、電気会社に連絡!しようとしたときに、新電力系の電力会社に電話したら契約できませんと言われました。なぜでしょう?

新築住宅って新電力系会社と契約できないの?

スポンサードリンク

建築中から電気は使えていた

家の建築中から電気は通っていました。
工事中に電力を使用することもあるので、工務店の方が電気会社に連絡して電力を確保していたんですね。

そのため引渡し時に言われたのは「使用開始をするときに電力会社に伝えるように」と言われました。

このとき、どこの電力会社に連絡すべきか聞かなかったのは失敗でしたが、ネットで調べたら、新築住宅の場合「どこの電力会社に電話して契約してもいいらしい」と書かれていたので利用料金が安く住みそうな新電力系の会社に電話しました。

電気利用を開始する住所を伝えたところ、新電力系会社からの返答は契約できませんとのこと。

理由は「その住所の建物は実量契約されています。実量契約に対応したプランはないので契約できません」でした。

ヒゲメガネ

実量契約?

聞きなれない言葉ですが、実量契約とはなんでしょうか?
電力会社のページを見てみると「実量制」という契約方法があることがわかります。

契約電力は、当月を含む過去1年間の各月の最大需要電力のうちで最も大きい値となります。 ただし、電気使用開始から1年間の各月の契約電力は、電気使用開始月からその月までの最大需要電力のうち最も大きい値となります。
東京電力エナジーパートナー

新電力系会社の担当の人には、すでに契約されている電力会社はどこか教えられないということなので、ひとまず管轄の電力会社に電話(ぼくの場合は東京電力)。
東京電力に住所を伝えても契約を確認できないと言われ、この時点で頭の中はなにがなんやら。

新電力系の人が言っていた、すでに契約している会社は東京電力ではないってことなんでしょうか?なぞです。

が、その電話で新規に東京電力と契約することなら可能。
ということで建物確認、アンペア交換が必要かどうかを係の人が確認に来る必要がありますが、その電話で新規に電気契約を結ぶこととなりました。

即日、建物確認をしてもらって、その日の夜暗くなる前には電気をつけることができるようになりました。

一体、誰がどこの電力会社と契約していたことによって、ぼくの契約したい新電力系の会社と契約できないことになってしまったのかは謎のままですが、とりあえず即日対応してくれた東京電力に感謝を込めて、ちょっと使ってみようと思います。

それにしても、いろいろ問題が発生するな家づくりって。

わかったマーク

建築中に電気を使っている場合、その契約が新築後の電気契約に影響することがある

↓↓↓↓↓いつもポチッとクリックしてくれて、ありがとうございます。↓↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ

スポンサードリンク

この記事を
いいね ! する

Twitter で

PAGE TOP