家づくりのちょっとしたこと

ちょっとしたことトビラ

新築住宅で電気契約を結びました。新電力では契約できず東京電力と契約することに。通常、新築住宅でも新電力系会社と契約できるそうですが、できなかったのはなぜでしょう?実量制という契約方法に問題があったようです。

家づくりのちょっとしたこと

ちょっとしたことトビラ

一括見積もりサービスを使って複数の引越し会社から相見積もりをとりました。でも、訪問見積もりにきた1社目の引越し会社に即決してしまいました。その場で決めてしまった時に言われた口説き文句がありました。

家づくりのちょっとしたこと

ちょっとしたことトビラ

家づくりの難関・不動産登記。そのときに必要になるのが住民票です。現在の住所の住民票と、新しい住所に変更した住民票で、登録免許税の税額などが変わるようなので調べてみました。

家づくりのちょっとしたこと

ちょっとしたことトビラ

家づくりでは不思議なことがたくさんあります。登録免許税を軽減する住宅用家屋証明書発行。それに使う住民票についてよく分からないことがあったので、まとめてみました。

家づくりのちょっとしたこと

ちょっとしたことトビラ

注文住宅の不動産登記。はじめて司法書士さんの事務所で打ち合わせをしてきました。打ち合わせに必要な書類をまとめてみます。

家づくりのちょっとしたこと

No Image

注文住宅を建てています。そして完成がいよいよ近づいてきました。

そこで必要になるのが、不動産登記。
登記に必要な、登録免許税。
その登録免許税の軽減を受けるのに必要なのが、住宅用家屋証明書です。

家屋調査士さんに見積もりを依頼したら意外と高いことがわかりました。

住宅用家屋証明書の取得費用ってどれくらい?

住宅用家屋証明書とは?

住宅用家屋証明書とは、新築住宅を建築し、1年以内に登記する場合、登録免許税の軽減を受けるために必要な書類になります。

登録免許税は、所有権の保存や抵当権設定の登記の時に発生します。

家づくりのちょっとしたこと

ちょっとしたことトビラ

注文住宅づくりもいよいよ佳境に入ってきました。登記に向けての準備をしていますが、土地家屋調査士と司法書士に問い合わせって一体どうやればいいんでしょう?実際に問い合わせて見積もり出し、実際に依頼してみたので、まとめてみました

家づくりのちょっとしたこと

ちょっとしたことトビラ

注文住宅の完成が近づいてきたので、不動産登記の準備をするように言われました。相見積もりをとってみようと、司法書士事務所に連絡したら、思っていたのと違う展開になりました。家づくりはまだまだわからないことばかりですが、その顛末をまとめてみます。

家づくりのちょっとしたこと

ちょっとしたことトビラ

はじめての注文住宅で、はじめての施主支給をしました。結構大変ですね、施主支給って。なにが大変だったかぼやきます。

家づくりのちょっとしたこと

ちょっとしたことトビラ

住宅ローン契約時に、地味にお世話になっている収入印紙。2018年7月にデザインが変更されました。おや?収入印紙って使える期限とかあるんだろうか?

家づくりのちょっとしたこと

ちょっとしたことトビラ

実施設計図まで完成し、確認申請を出した後で、お隣との隣地境界線上にあるブロック塀が建築基準法違反であることが発覚しました。さあ、どうしよう。

家づくりのちょっとしたこと

ちょっとしたことトビラ

東京にて注文住宅を建築中です。当然、ひとりの建築士の方にお願いしたわけなのですが、たくさんの建築士がいる中で、ひとりに決めなければならない締め切りって、いつだったんだろう?というのを考えてみました。
PAGE TOP