引っ越し費用を抑えようと複数社に相見積もりをお願い。それでも1社目の訪問見積もりで即決してしまった口説き文句とは?

引っ越し費用を抑える方法として、複数の引越し屋さんに相見積もりをとりますよね。

今回、ぼくも引越しするにあたってwebの一括見積もりサービスを使って、見積もりを比較。
数社の訪問見積もりをお願いすることにしました。

しかし、蓋を開ければ1社目の訪問見積もりで即決してしまいました。
その決定打となった口説き文句がありました。

引越し会社の営業マンが使った「口説き文句」とはなんだろう?

安い金額以外に、言われた一言

荷物量が多くなかったので、さほど違いが出そうになかったのもありますが、
1社目に引越し屋さんの訪問見積もり、最初は特に心惹かれる金額ではありませんでした。

同じ日に、別の引越し屋さんの訪問見積もりがあることを伝えただけで、急に金額を値下げしてくれて。
最初に提示してくれた額から40%ほど一気に下がりました。

別の引越し屋さんのネームバリューも重要だったようですね。
よく名前の知られている大手で、かつ、安値を提示しそうな引越し会社と天秤をかけていることを伝えると効果的なようです。

とはいえ、1社目なので、もう1社の見積もりも見てみたいところ。

でも、そこで決定打になる一言。

「ダンボールを置いていくことができれば、いま提示した金額で受けることができます。でも、一度引き上げると、もう一度人を手配して、ダンボールを届けに来ないといけない人件費がかかるので、値段を変えないといけません」

即決してくれたら、安い金額でやりますよということを言い換えた、ま、常套句なんでしょうけど、その言葉で決めてしまいました。

相見積もりをとろうと心に決めていても、直接営業マンと会って話すと、ころっと決めてしまうこともありますね。

どうか、あなたは口説き文句に簡単に落とされませんように。

わかったマーク

やっぱり相見積もりをとって比較検討した方がいいと思う

webですぐできる引越し一括見積もりサービス

引越し達人のセレクト

引越しの達人セレクト

引越し達人セレクト は無料見積比較の申込で引越代金が最大55%OFFになる一括見積もりサービスです。
最大6万円のお祝い金が全員に当たるチャンス。 登録は最短1分で簡単にできます。

今回ぼくが利用した一括見積もりサービスになります。

申し込むと、各引越し会社からの問い合わせ確認の電話に紛れて、引越し達人のセレクトからの確認の電話もかかってきます。
電話に出ることでwebサービス利用の確認が取れたことになります。



この記事を
いいね ! する

Twitter で

PAGE TOP