TVリモコンが無反応に!TOSHIBAレグザのリモコンを分解修理してみたら…

それは突然でした。我が家で使っている東芝レグザのリモコンが反応しない…

ネットで調べてみると、分解して直している記事がたくさんあったので、やってみることにしました。

我が家のテレビは東芝レグザです。購入したのは二年半ほど前。リモコンの型番はCT-90467。

純正品を新品で買うと、3900円ほどのようです。

ヒゲメガネ

とりあえず分解してみる

東芝レグザのリモコンは、外側からネジのようなものが見えません。
リモコン側面の隙間に、マイナスドライバーを挿入してこじ開けていきます。

側面片側に(リモコン上部/中央/下部)、3ヶ所ずつツメがついているので、マイナスドライバーを隙間に差し込み、こじ開けるように徐々に開いた隙間をさらに広げて行きます。1ヶ所差し込めたら、そこからグルッと1周連続して回るように隙間を広げていく方が、何ヶ所も別々に差し込んでいくよりも、スムーズに作業できました。

リモコン前面のパーツを外したところ。リモコン中央にあった「dデータ」などのボタンは、固定されていなかったため、前面パーツを外したら、外れました。

基盤部分とリモコン背面パーツも簡単に外れます。電池ケースの金具だけ気をつけました。

プラスチックでできている中央ボタンも、ツメを外せば取れます。

中央ボタンを外せば、基盤部分とボタン部分が外せます。

ヒゲメガネ

アルカリ電解水で拭いてみる

ビールでもリモコンに溢れたのか、基盤部分が粘り気があるものが付着してるようなので、とりあえず拭いてみます。拭くと言ったらアルカリ電解水ですね。

リモコン内部にホコリが溜まったりすることで、接触不良となり、ボタンが効かなくなることもあります。リモコンが動かなくなったら、基盤の汚れを掃除しましょう。

キレイに拭いたら、組み立てる前に電池につないで、リモコンが正常に動作するか試してみます。

ヒゲメガネ

キレイに拭いたのに動かない!そんなときは…

リモコンの内部をキレイに拭いたのに動かない、そんなときは「導電帯」のせいかもしれません。

導電帯は、リモコンのゴムシートのボタン裏についている黒いヤツです。

導電帯が摩擦ですり減っていると、ボタンの反応が悪くなります。

対策としては「導電帯にアルミを貼り付ける」という方法があります。

アルミを小さく切って、導電帯に貼って反応が良くなるか試してみましょう。

鉛筆で導電帯部分を黒く塗りつぶすことで、導電性が上がり、リモコンが復活するという方法もあるようです。

POINT
❶導電帯にアルミを貼り付け、導電性UP!
❷導電帯を鉛筆で黒く塗りつぶして、導電性UP!
ヒゲメガネ

掃除してもダメなら交換・修理を…

分解して、掃除をしてもダメなら、そのリモコンはもう無理かもしれません。

純正品よりも安いリモコンで、各メーカー専用のリモコンもあるので、安く買うなら、別メーカーのリモコンもありですね。

クリックすると人気ランキングが見れます!!
30代、これがはじめての注文住宅なのでわからないことばかりですが、それがなにか?in東京 - にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ

この記事を
いいね ! する

Twitter で