信用情報が住宅ローンに影響を与えた?!クレジットカードのキャッシング枠には注意が必要

2017年7月23日

ざ住宅ローンを組む段階で、知っておきたいのが、自分の信用情報がきれいなのか?きれいじゃないのか?

信用情報次第では、住宅ローンが組めない!?なんていうことにもなりかねず、
家が建てられない!なんて大惨事になる可能性だってあります。

住宅ローンを組もうと考え出した時に、一度は調べておいた方がいいかもしれません。

自分の「個人信用情報」って住宅ローンに影響するの?

スポンサードリンク

住宅ローンを組むときに調査される信用情報

そもそも信用情報とはなんでしょうか?

信用情報を扱うCICの説明を引用しますと…

信用情報とは、クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報です

クレジットカードの使用履歴や、いままでのローン契約の情報など、お客様としての信用度合いを判断するために使われる資料、それが信用情報です。

信用情報には、融資の判断に使われるいろいろな情報が載っています。

・氏名
・生年月日
・性別
・電話番号
・住所
・勤務先
・勤務先電話番号
・本人確認した証明書番号
・クレジットの契約
・リース契約
・キャッシング限度額
などなど

基本的な個人情報から、お金が関わる契約に関するものまで、細かくリストアップされます。

ヒゲメガネ

クレジットカードの延滞履歴でローンが組めないことも

新しく住宅ローン審査を銀行に申し込むと、銀行もしくはその銀行が頼んだ保証会社が、
CICなどの信用情報を取り扱う会社に、ぼくらの信用情報を開示するように問い合わせます。

ここで銀行などが見るのが、借り入れ状況やいままでの返済状況の履歴です。

クレジットカード会社への支払いを遅延させたことがあったりすると、
ローン審査が否決になってしまったりします。

スマートフォンを分割払いにしていて、実は延滞してしまったことがある
なんてことも信用情報を開示するとバレバレになってしまいます。

スポンサードリンク
ヒゲメガネ

注意すべきはクレジット限度額

支払いの遅れなんてしたことがない、なんて人でも注意が必要です。

それはクレジットカードのキャッシング限度額

クレジットカードを持っていると、知らないうちにキャッシング枠がついていたりします。
クレジットカードのキャッシング枠は、すぐに利用できる借入金みたいなものとして認識されるようです。
実際に使っていなくても、借り入れしているものとしてカウントされてしまいます。

で、借り入れがあるとみなされると、
その分、銀行側としては融資に対する返済能力を差し引いて、融資金額を決めます。

そのため、マックス可能な住宅ローン融資額から、クレジットカードのキャッシング枠分の金額が
引かれてしまうということになります。

車のローンがある場合も同様ですね。

実際、ぼくはクレジットカードのキャッシング枠が残っていたために、
その分、銀行からの住宅ローンの融資額が減額になってしまいました。

クレジットカード1枚のキャッシング枠はそんなに大きくなくても、
それが複数枚重なってしまうと、意外とまとまった額になってしまいます。

ヒゲメガネ

信用情報開示のメリット

信用情報を開示のメリットは、過去に自分が作ったクレジットカード情報が
まんべんなく開示されるところです。

解約したのか、どこか引出しの奥に眠ったままになっているのかわからなくなっている
クレジットカードの情報もばっちり開示されます。

そしてそのキャッシング枠も記載されています。

住宅ローンの邪魔になるようなキャッシング枠付きのクレジットカードは
早々に解約するか、キャッシング枠を0円にするかしてしまいましょう。

わかったマーク

信用情報を確認して、無駄なキャッシング枠をなくしてしまおう!

↓↓↓↓↓記事がお役に立ちましたらクリックしてください。ランキングアップが励みになります。↓↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ

スポンサードリンク

この記事を
いいね ! する

Twitter で

PAGE TOP